So-net無料ブログ作成

バンギャ(メンヘラ女)をネットで探す方法※危険な刺青ピアス女に話しかけてみた!

今回のテーマはバンギャです。バンギャルと呼ばれることもあります。要するに、バンドが好きなギャルのことで、主にヴィジュアル系バンドの信者の女性のことです。ちまたでは、バンギャ女性は、人に「かまってほしい」と考えている精神的に不安定な女性が多いとされています。ナンパ師たちは、この「かまってちゃん」たちを標的に、ナンパをすることが多いらしいです。言葉は悪いですが、「簡単にやらせてくれるメンヘラ女」が多いと、ナンパ師たちは考えているのです。

このブログは、外国人の友達探しをテーマにしています。実は外国人女性にもヴィジュアル系バンドは人気が高いのです。そこで、私が、過去に交流した外国人のバンギャについて今回は書こうと思います。

9eb533cf91ad9514a8a479e354e8ac2e_s.jpgログイン後、速攻でラインに誘導できたバンギャルがいた!

最近は、日本国内の出会い系サイトで、外国人と友達になれることがあります。私も日本人向けの恋愛アプリにいくつか登録しています。日本人向けとは言っても、登録しているのは主に、外国人が多いアプリです。有名なのは、以下の2つ。

マッチコム
http://jp.match.com/HowTo/

オミアイ
http://facebook.com/omiai/

マッチコムは言語検索で外国人を見つけることができます。一方、オミアイは、国籍検索の機能があります。基本的には、オミアイの方がおすすめです。単純に、外国人のアクティブユーザーが多いからです。しかし、私が使ったのは、マッチコムでした。ラインで話したがっている外国人がいたので、メッセージを送ってみたのです。マッチコムに掲載されていた写真は、遠景写真だったので、顔がはっきりしていなかったのですが、ラインのIDを検索して表示された写真は、顔がはっきり写っていました。人目でバンギャだとわかるファッション。顔が青白くて、服が真っ黒。外国人と交流したいと考えている日本人男性たちが嫌がって、交流したがらないタイプの女性でした。これって、重要なことなのです。国際交流をしたがっている日本人男性の多くはインテリタイプです。インテリに限ったことではないですが、バンギャというのは基本的には、男のモテない。一部の美女だけがモテる。大半はぽっちゃり系だったりする。でも、私の場合、第一の目的は、彼女探しではなく、いつも、言語学習が目的なのです。だから、見た目なんてどうでもいい。むしろ、ぽっちゃり系のバンギャを見かけたら、確実に友達になれるからラッキーだと考えるのです。マッチを利用した時も同じ感情を抱きました。それで、ラインで話しかけたら、彼女は東京に住んでいるとのこと。時差がないので、日本時間の夜に1時間近く、リアルタイムでトークをすることができました。結局、その後、音信は途絶えたのですが、言語学習という目的はばっちり達成しました。基本的に、バンギャと交流する場合、海外に住んでいる人が多いです。なぜかというと、ヴィジュアル系バンドの熱狂的ファンは、大学に行って、日本語を勉強して、日本に留学しようというタイプは少ないからです。日本のものなら何でも好きですって、親日家が多いから、日本語学科の学生でも、ヴィジュアル系バンドのファンはいるのですが、黒づくめの服を着て、顔を真っ白くしてるタイプの女性は、あまり日本には留学しない。でも、今回の経験で、もしかしたら私が想像している以上に、日本に住んでいる外国人バンギャは多いのかもしれないと思うようになりました。

日本人男性にホレやすい外国人のバンギャはすぐにビデオチャットに応じてくれるが危険を伴う

私が初めてバンギャと交流したのは、もう、7年ぐらい前のことだと思う。当時、ヨーロッパでは、ガクトがマニアの間で大人気だった。少しずつ、miyaviの人気が高まりはじめ、miyaviはヨーロッパでライブをしたりしていたようである。10年ぐらい前にヨーロッパを旅行した時も、どこかの広場で、黒ずくめの服を着た外国人が集まっていた。当時、私は、ヨーロッパにバンギャがいるなんて思っていなかったので、かなり奇妙だなと感じました。それで、私が初めてであったバンギャは、ファッションにこだわりがあるタイプではなかったと言えます。だから、最初は、バンギャだとは思わなかった。でも、話してみると、ガクトの大ファンだと発覚。彼女とは、毎晩のようにビデをチャットをする仲になりました。この女性と交流したことで、バンギャとは、簡単に交流できるとわかったのです。そもそも、外国人のバンギャは、ヴィジュアル系アーティストが好きなのです。つまり、日本人男性が好きなのです。単に文化に興味があるというだけの女の子より、日本人にホレるタイプの女の子のほうが、仲良くなれる可能性が高いのは当然だと思います。その女の子は、まだ日本に来たことがないと言っていました。女の子といっても、20代の半ばでしたが。女性といったほうがいいですね。その女性は、10代のころから、日本人男性にホレる傾向があったそうです。10代のころから、毎日、日本人の男とビデオチャットして、完全に相手の男性にホレてしまったと言います。まだ、会ったことがない日本人相手との遠距離恋愛にハマってしまったのです。結局、その男性とは実際に会うことがなかったと言っていました。それどころか、チャットでフラれたことを根にもって愚痴ばかり言っていました。ただ、私に対しては恋愛感情はなかったようです。ただ、同じ時期に、私とは別の男ともチャットで交流していたのです。ある日、毎日のチャットが途絶え、1週間ぐらい連絡が取れなくなりました。あとから聞いたのですが、日本人の男が彼女が住む国に来たので、一緒に旅行をしたというのです。当時の私としては驚きでした。バンギャは日本人男性が大好きだから、日本人男性の彼氏になることを望んでいるのだなとわかったからです。それで、結局は、その日本人男性ともうまくいかなかったようです。私に対して恋愛感情はなかったと書きましたが、当時、ネットで国際交流をする日本人男性は少なかったので、いつの間にか、私が彼女にとっての唯一の日本人の友達になっていたようです。でも、正直、その頃、私は、彼女との会話が面倒臭く感じてきており、あまり自分からチャットで話しかけなくなっていました。そんな時、彼女は日本に来ると言い出しました。でも、彼女が行く予定の場所は、私が住んでいる場所からかなり離れていました。私は関東の人間で、彼女は関空に降り、大阪で遊ぶというのです。それなのに、会おう誘ってきたのです。超美人というなら、もしかしたら、大阪まで行ったかもしれませんが、面倒くさいタイプのバンギャでした。その頃すでに、メールの交換も減っていたので、返信をするのをやめました。そしたら、ふざけたことに、この女性は、私に、「不幸のメール」のようなものを送りつけてきたのです。英語で書かれていたので、正確な意味はよくわからなかったですが、このメールが届いた人間は不幸になるみたいなことが長々と書かれていました。外国人のバンギャは、日本人にホレやすいかもしれねいですが、惚れた男にフラれた時の行動も厄介なのだろうなと強く感じました。私の場合、別にホレられていたわけではないでしょうが、結果として、私がふったような形になったので、我慢できなかったのかもしれません。

日本人の男と3P(セックス)したがる外国人のバンギャ

外国人のバンギャは、日本人に人気が低いので、交流サイトでメールの返信がもらえる可能性が高いと言えます。だから、過去に複数のバンギャとチャットをしてきたのですが、もう一人だけ、バンギャの紹介をします。その子の場合、明らかに外見がバンギャでした。正確には覚えてないですが、フェイスブックが流行る前に、海外で流行っていたmyspaceというSNSで友達になって、myspaceのチャット機能を使って会話をしたのだと思います。彼女の場合myspaceに載せられた写真からすぐにバンギャだという事がわかりました。だから、いいチャット相手になるかなと思って、声をかけたのです。外国人のバンギャは、やたらと性的な話をしたがる傾向がある。少し病的。彼女の場合、何だか、最初から、愚痴ばかりを言っていた。また、生理だから機嫌が悪いと、聞いてもいないのに言いだしたりする。たくさんのマッチョな男を相手にセックスしたいとか平気で発言する女なのだ。たぶん、こういう女の子を、日本人のナンパ師たちは狙っているのだなとその時わかった。

刺青ピアス女にホレられたら危険?

タイトルに書いた、刺青ピアス女の話を書き忘れたので、少し短いが、触れておこう。この女性の場合、不人気の掲示板で知り合った。だから、私が、彼女にとって唯一の日本人の友達だったらしい。バンギャが日本人男性を崇拝していることはすでに書いた通りである。こういったシチュエーションだと、バンギャは、私にホレる可能性が高くなる。ホレられたかどうかは定かではない。でも、正直、厄介だと思ったので、こちらから連絡を絶った。この女性の場合、だんだん、タトゥーの量が増えていって、それを見せられるのが、すこし不愉快だった。海外ではファッションで刺青をするというが、背中に大きな刺青をするのは、理解できない。ファッションというより、メンヘラの自傷癖のように思えた。それで、価値観が違いすぎるなと感じて連絡を絶ったのである。ただ、連絡を絶つまで半年ぐらい毎日のようにチャットをしていたので、彼女からすれば、不快だったと言えるかもしれない。とはいえ、当時は、まだフェイスブックでつながっていた。でも、ある時、彼女のフェイスブックアカウントが凍結された。バンギャは性的な話をしたがる傾向があると書いたが、彼女もその典型だった。フェイスブックに男性の全裸写真とかを載せてしまうような女の子だったので、たぶん、それがフェイスブックにバレて凍結されたのだと思う。その後、彼女は、新しいアカウントを作成し、私に友リクを送ってきたが、友達追加しなかった。その後も、彼女は何度かアカウントが凍結されている。ここ1年ぐらい私は、フェイスブックを利用していないが、最近、チェックしてみたら、また、彼女から友リクが届いていた。海外に住んでいる相手だからいいが、これが日本に住んでいる女性で、住所とかが知られていたら、少し厄介だったなと感じた。


>>> 日本に住むベトナム人の女の子とFacebookで友達になる方法
>>> Japan Guideのペンパル募集方法
>>> Japan Cupidの「口コミ」を信じるな!
>>> LINEで外国人のIDを友達追加しまくる2つの方法

共通テーマ:恋愛・結婚