So-net無料ブログ作成

タイ人 彼女を探すブログ記事※不道徳な3つのテクニック [タイ人]

タイ人には、美女が多い。

ネットの写真だから、もしかしたらオカマちゃんなのかもしれないが、SNSを見ると美女揃い。

しかも、親日家が多い国だから、俺のような40代のオッサンでも話相手になってもらえる可能性があるわけだよ。

まぁ、俺は、昨年から、ネットにいる親日家のアジア美女にハマってるわけだが、今回はちょっとした、出会い系サイト盲点をついた手法を紹介しようと思う。

1つ目は、Facebookでタイ人の彼女を検索する方法
2つ目は、Lineでタイ人の彼女を検索する方法(1)
3つ目は、Lineでタイ人の彼女を検索する方法(2)

49cad23354bef871147702f5880a45c6_s.jpg【1つ目】実名を収集してFacebookで友リクを送る手口

この方法、フェイスブックが流行りはじめたころ、俺がよく使っていた手法。

まぁ、この見出しを見ただけで、勘のいい人だったら、どんな方法かわかるだろうね。

世の中には、日本人が好きな「ジャパ専」って呼ばれる外国人たちがいるんだよ。

通常、日本人の女の子をカラダ目当てでナンパするキモい男たちを示すことが多いんだが、外国人の女の子にもジャパ専は、いるんだよね。

日本のポップ系アイドルとか、ヴィジュアル系アーティストが好きな外国人女性は多いでしょ。

彼女たちは、日本人の男が好きなわけで、日本人男性と友達になることをステータスだと思ってる。

それで、日本人と交流できる出会い系サイトを見つけて、登録するんだよね。


それで、例えば、タイ人の美女と仲良くなりたいとするよね。

日本人と外国人の交際に特化した、出会い系サイトに彼女たちは登録してるんだよ。

女の子は利用料金が無料だから、完全無料のペンパルサイトより、インターナショナルな出会い系サイトの方が安全に思えるんだよね。

でも、いくらかわいくても、海外在住だと、メールをもらえない。

まず、国際派の日本人の男たちの多くは、金髪の白人ばかり探すでしょ。

それだけではなく、有料って壁があって、海外運営の出会い系だと、クレジットカード決済をしたがらないんだよね。

中には、警戒心が薄い男たちがいて、有料会員になるんだけど、そういう男たちは、日本に住んでる外国人を探すでしょ。

タイ人に実は美人が多いってことを知ってる男が、タイ人の彼女を探すとしても、わざわざ金を払って、タイに住んでる女にメールを送ったりしないよね。

そんなわけで、タイ人女性達は、日本人から連絡を受けることなく、いつの間にか、出会い系サイトに登録したことすら忘れてしまう。

そんなとき、フェイスブックで日本人男性が友リクを送ったら、嬉しいわけだよ。

当然、友リクを承認するし、積極的に、コンタクトをとってくれる。

それで、なぜ、日本人男性は、タイ人に友リクを送ることができるのか。

これは、実は簡単な事。

最近は、この手法は使えないことも多いんだけど、フェイスブックが流行りはじめたばかりの頃、出会い系サイトに、実名で登録してる外国人女性は多かったんだよね。

だから、出会い系サイトで見つけたカワイイ、タイ人女性の名前をコピペして、フェイスブックで検索すると、簡単に、親日家のタイ人をヒットさせることができた。

同じ名前の人も多いわけだけど、たいていの場合、出会い系とプロフィール写真が一緒だったりするから、簡単に、ヒットするんだよね。

しかも、ヒットした相手は、日本人の男が好きだってことがわかっている。

友リクを送ったら、ほぼ確実にOKされるでしょ。

俺は、タイ人女性に対してこの手法を使ったことは無いんだけど、ヨーロッパ系の白人の場合、かなり高い確率で友達の承認を得ることができた。

それだけではなく、彼女たちは、日本人の男の友達がほとんどいなくて、俺が初めての日本人の友達だったりしたんだよね。

まぁ、今は、フェイスブックが流行ってしまったし、出会い系サイトも、実名登録を禁止するところが増えてきた。

そんなわけで、この手法は使えないことが多い。

でも、まったく、使えないわけでもない。

たとえば、有料のペンパル系サイトの場合、10年ぐらい前に作られたマッチングシステムを、変更せずにそのまま使っているところがある。

そういった、サイトの場合、今でも、実名から、フェイスブックを割り出すことが可能だと思う。

問題はむしろ、利用者の意識。

フェイスブックが流行りはじめたばかりの頃は、みんな警戒心がなくて、少しでも多くの友達を作ろうとしていたんだよ。

でも、最近は、フェイスブックが、友達との交流に大切なツールとして取られられるようになった。

こうなると、知らない人から友リクが届くと、警戒されてしまうんだよね。


あと、タイ人とか他の国の女性の彼女を探す場合、反応がいいってわかった時点で、すぐに、有料登録して一気にアプローチしたほうが賢いと思う。

たとえば、外国人が多いアプリとしては、フェイスブックアプリの『オミアイ』が有名だよね。

確か、タイ人女性の登録者もいたと思う。

俺としては、このアプリの場合、台湾人とかベトナム人の彼女を探すのが、いいんじゃないかと思ってるんだけどね。

それで、すぐに、有料登録するのは、リスクが高すぎる。

このアプリが、悪質だって言ってるんじゃないんだよ。

タイミングってあるでしょ。

もし、タイ人の彼女が欲しいなら、自分と相性のいいタイ人が複数いる状態の時に、有料登録して、一気に連絡先を聞きまくって、それで、1か月の月額費用で済むように退会する。

このフェイスブックが便利だなって思うのは、無料枠で出来ることが多いんだよね。

まず、いいね!ボタンを押して、タイ人にアピールして、タイ人女性が、いいね!を返信すると、連絡可能になる。

本来日本人向けの恋愛アプリだから、タイ人はあまり人気がないのだと思う。

顔写真を載せて、しっかりとプロフィールを書いたうえで、いいね!をおすと、返信率は高くなると思う。

タイ人に人気がないとはいっても、顔写真なしだと、さすがに警戒される。

彼女たちは、フェイスブックを使う感覚で、このアプリを使っているから、顔写真なしなんて怪し過ぎると思うわけだよ。

俺自身、最初は、顔写真なしで、いいね!を押しまくっていたんだけど(かなりの数)、一つも相互いいねが成立しなかった。

でも、顔写真を載せただけで、翌日、台湾人からの返信があった。

俺が使ってたフェイスブックアプリ
http://facebook.com/omiai/


本当は簡単なんだけど、多くの外国人好きの日本人は、警戒心が高くて、写真を掲載しないから、マッチングが成立しないで、速攻で退散するんだと思う。

俺は、このページで、有料サイトを無料で、利用する方法を説明しているわけだけど、本当は、無料の裏技を少し試した後に、イケるって思ったら、有料登録して、ガンガン攻めた方がいいんだよね。

たとえば、上の例でも、実名登録のコピペで、フェイスブックを検索して、素人が多いってことが確認できるよね。

でも、実際の所、フェイスブック検索で個人を特定できるのはごくわずかなんだよ。

だから、フェイスブック検索で素人がヒットして、このサイトはサクラではなく、リアルな素人の外国人が多いサイトだってわかった時点で、有料登録してガンガン攻めた方がいいんだよね。

他の、インテリ気取りの「ゆとり世代」の若造たちは、どうせ、有料登録なんてしないんだから、強敵がいない環境で、タイ人の彼女を探せるってわけだよ。

【2つ目】ニックネームに目をつけてLINEで直接連絡をする

では、2つ目の方法。

これも、見出しを見ただけで、勘のいい人はわかってしまうよね。

何だか、今回の記事は文章が長くなってしまったので、2つ目と3つ目の方法は、なるべく短めに書くことにする。

あと、忘れそうなので、今のうちにリンクしていくけど、外国人の友達を探すなら、マッチコムってサイトは登録必須だと思っている。

たぶん、外国人の彼女を探して、ググったことがある人なら、一度は、一度は聞いたことがあると思う。

でも、登録してなかったり、登録してもすぐに退会した人が多いんじゃないのかな。

マッチコムは、海外で有名なサイトだから、日本在住の外国人参加者がが多いんだけど、検索方法がわからないで、「日本人ばっかりじゃん!」って考えて、すぐに退会する人が多いのだと思う。

そういう場合、以下のハウツーページを見ておくと、外国人の検索方法がわかるともう。

ジェーピーマッチ
http://jp.match.com/HowTo/

検索方法っていっても、言語とか人種で絞込検索しろってだけの話んだんだけどね。

アプリ時代になって、気が短い人が多くなったから、検索方法がよくわからないと、すぐにあきらめる人が多いんだよね。

まぁ、それで、外国人目当ての男の登録者が減れば、ライバルが減るってことだから、ラッキーなんだけどね。

記事が長文になって、この情報を書き忘れそうだったので、記事の途中だけど、紹介しておいた。


では、本題に戻ることにする。

出会い系サイトで、実名を探せって書いたけど、今は、出会い系サイトも、実名登録を禁止しているところが多いんだよね。

そうしないと、フェイスブックで検索されるのがわかっているからね。

もし、実名登録が可能な低機能出会い系サイトがあったとしても、ユーザーの女性達が、SNS社会に慣れてきて、実名登録の危険性を知っている時代になったから、実名登録者はほとんどいないだろうね。

実名で登録するのは、フェイスブックのように大企業のサイトだけだと思う。

それで、多くの人は、ニックネームとかアカウント名を設定するようになった。

でも、これが面白いもので、みんな、同じアカウント名を使いまくるんだよね。

たとえば、LINEのIDがabcdの人は、出会い系サイトのアカウント名もabcdに設定する傾向がある。

つまり、日本人が好きな外国人が集まる出会い系サイトに無料登録して、アカウント名をそのままコピペして、LINEで検索すると、外国人がヒットすることがたまにあるんだよね。

まぁ、あまり、多くはないけど、意外にヒットする。

ただ、既に述べた通り、こんな方法で、時間を無駄にするのはバカげてる。

LINE検索は、あくまで、出会い系アプリが優良であることを確かめる手段として利用するのが賢い方法。

普通の素人が登録しているサイトなんだってことがわかったら、速攻で有料登録したほうがいいでしょ。

サクラが少ないってすでに、LINE調査で分かってるんだから、月額3000円から5000円なんて安いものでしょ。

海外サイトでLINEと入力して検索するだけでヒットする


では、最後の方法。

LINEって、世界的に有名ってイメージがあるけど、実は、限られた国でしか、流行っていないんだよね。

でも、親日家たちは、LINEを利用する。

これって、すごい事。

たとえば、有料のペンパルサイトが合ったとするよね。

運営会社は、フェイスブックやスカイプのアカウントをプロフィールに入力することを禁止するよね。

お金を払わないで、会員同士のコンタクトが取れてしまったら、儲からなくなってしまう。

でも、Lineの場合、禁止ワードになっていないサイトも多いんだよ。

そもそも、ラインって、線って意味でしょ。

こんな一般的な文字を禁止ワードにしないよね。

しかも、LINEが流行ってない国の運営者は、LINEのIDをブロックしようって発想すらなかったりする。

だから、プロフィールにLINEのIDを堂々と掲載してる親日家の女性って結構多いんだよ。

だから、サイト内のキーワード検索で、「LINE」と入力するだけで、LINEを晒している外国人女性がたくさんヒットするサイトがあるんだよね。

日本人だったら、LINEを簡単にさらしたりしないよね。

でも、海外の場合、LINEをメインの連絡手段だと考えていないケースが多いので、プロフィールにLINEのIDを掲載する人が多いってことなんだよ。

ただし、問題は、なぜか、出会い系サイトとか言語交換SNSって、キーワード検索ができないサイトが多いってことなんだよね。

でも、LINEのIDをプロフィールに掲載してもOKな親日家交流サイトを見つけたら、LINEのIDは検索エンジンでゴッソリとゲットできるはずだよ。それが有料アプリでも、無料でIDを見つけることができてしまう。

まぁ、俺も、最近はこういう手法を使わなくなったけどね。

はっきり言って、膨大な時間を無駄にするんだよ。

無駄にする時間を時給に換算したら、月額費用を払ったほうが賢いなって思うしね。

>>> 日本に住むベトナム人の女の子とFacebookで友達になる方法
>>> Japan Guideのペンパル募集方法
>>> Japan Cupidの「口コミ」を信じるな!
>>> LINEで外国人のIDを友達追加しまくる2つの方法


共通テーマ:恋愛・結婚